前のページに戻る

梅毒予防について

更新日:2022年8月15日

 

 梅毒予防啓発について

 全国的に増加しています梅毒の予防啓発及び対策にご協力いただきますようお願いします。

 梅毒について

 1 梅毒とは

 梅毒トレポネーマという病原体が性的な接触により感染する性感染症です。

 症状が消えることがありますが、治療しないと治りません。

  2 症状

 第1期(感染後約1か月前後):感染部分の「しこり」「えぐれ」、リンパ節の腫れ

 第2期(感染後1〜3か月):湿疹、バラ疹(うすく赤い湿疹)

 第3期(感染後数年):ゴムのような腫瘍、脳・心臓・血管などへ病変の出現

 3 治療、予防法

 抗菌薬を内服または点滴して治療します。

 いったん完治しても免疫はできないので、予防しなければ感染を繰り返します。

 性行為の際には必ずコンドームを使いましょう。ほかの性感染症の予防にもつながります。

 皮膚や粘膜に異常があった際は、性的な接触を控え、早めに医療機関を受診しましょう。

 早く発見して、きちんと治療を受けることが大切です。

 4 梅毒を疑う症状があった場合

 医師による診察と、血液検査(抗体検査)で判断します。感染後、3週間を置いて、検査結果を確認する必要があります。

 泌尿器科・皮膚科・産婦人科などで、検査や治療が受けられます。

 5 梅毒チラシ(PDF 約955KB)


追加情報

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


お問い合わせ

嘉島町役場 町民保険課
電話番号:096-237-2574この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る

  • 町長の部屋
  • 町議会
  • 例規集
  • 広報かしま
  • 町の情報
  • 町の組織・連絡先一覧
  • ふるさと応援寄附金
  • 施設予約管理システム
  • 公共施設予約

その他のメニュー

人口情報

[令和4年12月末日現在]

  • 総数 10,071人
  • 男性 4,896人
  • 女性 5,175人
  • 世帯数 4,039世帯