前のページに戻る

農作業中の熱中症対策について

更新日:2021年6月15日

   農作業中の熱中症による死亡事故は、日中の最高気温が30度を超える日が多い7月から8月に多い傾向がありますが、それ以外の時期であっても、ビニールハウス内等においては死亡事故が発生しています。

 新型コロナウイルス対策のため、「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイントを踏まえ、農作業中の熱中症に注意してください。

 

新しい生活様式における熱中症予防行動のポイント

1 暑さを避けましょう  

 感染症予防のため、換気扇や窓開放によって換気を確保しつつ、 エアコンの温度設定をこまめに調整しましょう。また、暑い日や暑い時間帯は無理をしないことを心がけましょう。

2 適宜マスクをはずしましょう
 夏季の気温・湿度が高い中でマスクを着用すると、熱中症のリスクが高くなります。このため、屋外やハウスで人と十分な距離(少なくとも 2m 以上)が確保できる場合には、熱中症のリスクを考慮し、マスクをはずすようにしましょう。
3 こまめに水分補給をしましょう
・のどが渇く前に水分補給
・1 日あたり1.2リットルを目安に水分を摂取しましょう。
・大量に汗をかいた時は塩分も忘れずに
4 日頃から健康管理をしましょう

・日頃から体温測定、健康チェック
・体調が悪いと感じた時は、無理せず自宅で静養を。

熱中症予防のための参考資料


農作業事故注意報(熱中症予防行動のポイント)(PDF 約342KB)

熱中症予防に関する情報(PDF 約1MB)

「熱中症警戒アラート」の全国での運用開始について(PDF 約1MB) 


追加情報

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


お問い合わせ

嘉島町役場 農政課
電話番号:096-237-2629この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る

  • 町長の部屋
  • 町議会
  • 例規集
  • 広報かしま
  • 町の情報
  • 町の組織・連絡先一覧
  • ふるさと応援寄附金
  • 施設予約管理システム
  • 公共施設予約

その他のメニュー

人口情報

[令和6年1月末日現在]

  • 総数 10,150人
  • 男性 4,941人
  • 女性 5,209人
  • 世帯数 4,108世帯